推奨動作環境について

OS Webブラウザ
Windows XP, Vista, 7 IE7, IE8, IE9[注], Firefox 3.6, Firefox 10
MacOS X Safari 4/5, Firefox 3.6, Firefox 10
各ブラウザの設定で 「JavaScriptを有効」「Cookieを受け入れる」設定にしてください.
JavaScriptが無効, Cookieを受け入れない設定の場合は正常にログインできません.

  [注] Windows + IE9の環境では,一部機能が正しく動作いたしません.
   1)GUIを使ったコンテンツ位置の移動
    個人用や自分で作成したタブでは,各コンテンツのバーをドラッグして配置されたコンテンツの移動が可能ですが,
    IE9では上記操作ができません.
    互換表示機能を使用するか,
    画面右上部の[CUSTOMIZE]を押した後にタブを選択し,矢印ボタンでコンテンツの移動を行ってください.
   2)「スキンを変更」のリンク
    互換表示機能を使用するか,
    画面右上部の[CUSTOMIZE]を押した後,[Choose a skin]のリンクからスキンを変更してください.
    後者の手順の場合,変更はポータルに再ログインした際に有効になります.
   
 その他のOSやWebブラウザでは,正しく表示されない場合があります.
 また,ポータルからリンクされている学内情報サービスの推奨環境につきましては,
 各サービスの管理者にお問い合わせください.

お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法:

Windows:

[Internet Explorer 7, 8, 9]
  1. Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリック
  2. 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリック
  3. [セキュリティ]をクリック
  4. 「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、
    [レベルのカスタマイズ]ボタンを押す
  5. 「スクリプト」項目内の「アクティブスクリプト」を「有効にする」を選択して[OK]を押す
  6. ゾーン設定を変更するか尋ねられるので[はい]を押す
  7. [インターネットオプション]に戻るので、[OK]を押す

 #上記設定を行ってもログインボタン(LOGIN)がクリックできない場合は,
  同箇所で下記の設定もご確認ください.

 「ActiveXコントロールとプラグイン」項目内で
  ActiveXコントロールとプラグインの実行:有効にする
  スクリプトレットの許可:ダイアログを表示する
  スクリプトを実行しても安全だとマークされていないActiveXコントロールの初期化とスクリプトの実行:無効にする
  スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行:有効にする
  バイナリビヘイビアとスクリプトビヘイビア:有効にする
  外部メディアプレイヤーを使用しないWebページのビデオやアニメーションを表示する:無効にする
  署名されたActiveXコントロールのダウンロード:ダイアログを表示する
  未署名のActiveXコントロールのダウンロード:無効にする

[Firefox 3.6]
  1. メニューバーの[ツール]をクリックし、表示されるメニューで[オプション]を選択
  2. オプション画面が表示されるので、[コンテンツ]をクリック
  3. [JavaScriptを有効にする]にそれぞれチェックを入れて、[OK]ボタンを押す

[Firefox 10]
  1. 画面左上の [ Firefox ]をクリックし,表示されるメニューから[オプション]を選択
  2. [コンテンツ]をクリック
  3. [JavaScriptを有効にする]にそれぞれチェックを入れて、[OK]ボタンを押す


Mac:

[Safari 4/5]
  1. メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択
  2. 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリック
  3. [JavaScriptを有効にする]にチェックを入れる
  4. 「セキュリティ」ウインドウを閉じる

[Firefox 3.6, Firefox 10]
  1. メニューの[Firefox]をクリックし、[環境設定]を選択
  2. [コンテンツ]をクリック
  3. [JavaScriptを有効にする]にチェックを入れる
  4. 「コンテンツ」ウインドウを閉じる
                                   最終更新日:2012年03月13日